読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wourd historyのブログ

特に歴史についての記事載せています。不定期ですが記事を載せていこうと思っていますので興味ある方はぜひ読んでみてください<(..)>

宮古島島民遭難事件(みやこじまとうみんそうなんじけん)について

宮古島島民遭難事件とは、日清修好条規の結ばれた1871年(明治4年)に琉球王国首里王府に人頭税が課されていた宮古八重山は年貢を納め、1871年(明治4年)10月18日那覇を出港し帰途についた。風がやみ一時、慶良間諸島に停泊していた、そして同月29日に出港したが強風に遭い宮古の船2隻のうち一隻は宮古島にたどり着いたが、もう1隻が台湾近海で遭難し、台湾東南岸の高雄州恒春郡満州庄九柵に漂着した。漂着した69人のうち3人が溺死(1名は高齢のため脱落説あり)、残りの66人は無事上陸した。山林の中の人家にいって食べ物を与えてもらい安心していると、その家の男達から所持品を奪い取られ、着物を剥ぎ取られてしまった。その家から出て行くと、45人の武器を持った生蕃人がついてくるので、一軒の老婆の家に隠れていると、生蕃がそれを探知して、雲の如く集まってきて、着ていた衣服を残らず剥ぎ取った上に、54人を門外に引き出して殺害した。残りの11人は、土民の楊友旺という人の家に保護されて命拾いをし、あと1人は山中に逃げ込んだところを生蕃に見つかって、まさに首をとられようとしたとき、楊阿和、楊阿二、宗国升という人たちが駆けつけ、これをとどめ、蕃銭四十五員、布六反、牛一匹を生蕃に与えて、この1人と、楊友旺の保護している11人を合わせて12人を救った。この12人は、台湾府に転送され、火輪船(汽船)で福州まで送られ、そうして接貢船によって、那覇に帰り着くことが出来た。これが宮古島島民遭難事件の内容である。現在の日本史教科書では、「琉球漂流民殺人事件」と記述されている。台湾では遭難船が到着した場所に因み、「八瑤灣事件」(はちようわんじけん)あるいは「台湾出兵」と一連のものととらえて「牡丹社事件」と称する。だがこの事件にはもう一つの説がある。それは台湾に遭難したのは宮古島島民ではないということだ。中山世譜によれば、与那原村の謝敷筑登之親雲上(じゃしきちくどのぺいきん)所有の十反帆馬艦船1隻がその春、赴くために、島の役人5人、そのお伴43人、乗客が十人、船員が20人の合計69人を乗せ、那覇港を出発し台湾に遭難した。という説である。だがこの事件の被害者の墓が沖縄本島那覇の波の上護国神社にあるのでこの説が無いとも言い切れないと私は思う。                           日本政府は、事件に対し清朝に厳重に抗議したが、原住民は「化外の民」(国家統治の及ばない者)であるという清朝からの返事があり、これにより、日本政府は1874年(明治7年)、台湾出兵を行った。